• ホーム »
  • 農業ビジネスになぜブランドが重要なのか

農業ビジネスになぜブランドが重要なのか

ここに2つの商品があります。

1つは「とても美味しそうなデザインの商品」。
もうひとつは「あまり美味しそうに見えないデザインの商品」。
あなたなら、どちらを選びますか?

たぶん多くのお客様は、「美味しそうに見える」方の商品を選ばれると思います。
「美味しそうには見えないけど、一か八か試しに買ってみよう!」
という人はあまり多くはないのではないでしょうか。

本当に美味しい商品であっても、実際にお客様に買ってもらわないことには、
その味は伝わりません。
買ってもらって、食べて初めて「美味しいから次も買おう」に繋がります。

お客様は、店に買いに来ています。
いい商品があれば、買おうと思ってきているのです。
でも、「あまり美味しそうじゃない」
「あまり買う気にならない」から、手にとっても頂けないし、買って頂けない。
隣にある他社ブランドの方が美味しそうなら、
「これいいわね、買って帰ろうかな」

…と、せっかくのチャンスを他社製品に奪われてしまいます。
同じように、BさんもCさんも隣の「美味しそうな」商品を購入していく。
本当の中身は、買って食べてみないとわかりません。
でも、店頭では食べる前に選ばれるための勝負に勝たなければならないのです。

買ってもらうための努力をしている所はたくさんあります。
品質を上げたり、価格を安くしたり。
でもそれは他社もやっていること。

「お客様に選ばれる理由」を真剣に考えている商品こそ、
お客様に手にとって頂ける商品なのではないでしょうか。

選ばれる理由…?

お客様も購買時には購買心理が働きます。
「決して間違った選択をしたくない」
「自分の選択は正しかった」
と思える行動をとります。

だから、あえて「あまり美味しそうじゃない」商品を、
リスクを承知で買う人は少ないのです。

お客様の選択は正しい、
と思わせる工夫こそが、商品パッケージに課せられた使命です。

購買は、決して論理的に行っている訳ではありません。
いくら美味しい理由をパッケージ上で論理的に述べても、
感覚的に「美味しくなさそう」なものは見向きもされません。

いかに購買感情に商品イメージを訴求できるか。

私たちはそこに、
商品売れるためのの大きな鍵があると考えます。

ブランディングは、すなわちお客様に与えるイメージづくりです。
どんなイメージをお客様に持ってもらいたいか。
他社商品とは明らかに違うイメージを持ってもらえるか。
そのイメージを、リピート購入に結びつけられるかどうか。

それらを商品から会社のイメージに至るまで、
いいイメージをトータルでお客様に訴求し、定着できることが
「ブランド力」だと私たちは考えます。

東興包材

売る力のあるパッケージ制作

資料請求・お問合せ

電話|0229-43-4113 メールフォーム

トピックス&ブログ

当社のお客さま紹介

FOOD ACTION NIPPON 東興包装材料株式会社、うまい奥の細道は、FOOD ACTION NIPPON、米粉倶楽部の推進パートナーです。

東興包装材料株式会社

〒987-0141 宮城県遠田郡涌谷町字田町裏139-2
TEL. 0229-43-4113 / FAX. 0229-42-3117

どうぞお気軽にお問い合わせください。

Copyright © 東興包材 All Rights Reserved.