東興包装材料株式会社は、株式会社クラウンパッケージと共同出品した
『取っ手が飛び出す!楽らくキャリーBOX』 において、
公益社団法人日本包装技術協会主催「2019日本パッケージングコンテスト」
「日用品・雑貨包装部門賞」を受賞いたしました。

同コンテストは、日本包装技術協会(JPI)が主催する、
包装分野における日本最大のコンテストです。

優れたパッケージとその技術を開発普及することを目的としており、
『取っ手が飛び出す!楽らくキャリーBOX』は、
スタイリッシュな外観でありながら、機能性と部材削減の両方を
実現したことが評価され、今回の受賞につながりました。

_MG_7866切り抜き

■受賞内容
審査結果:2019日本パッケージングコンテスト 
包装部門賞:日用品・雑貨包装部門賞 
入賞作品:株式会社フリゴレス『取っ手が飛び出す!楽らくキャリーBOX』
作品の特徴:包装機能、包装設計、コストダウン

_MG_7874切り抜き

_MG_7885

■受賞作品の特徴
三角取手は、「荷物を家まで持って帰る」ことに適した箱で、
引き出すと取手は固定され、手を離すと戻る構造です。

内部に取手が収納されているため取手が大きく持ちやすく、
取手部分に別部材が必要ありません。

収納状態では穴が塞がっているため、異物混入の心配がなく
安心という特徴があります。
機能をわかりやすく示すために取手部分の色を変え、
ピクトグラムで取手の出し方を示しています。

詳しくは、以下PDFをご覧ください。
『取っ手が飛び出す!楽らくキャリーBOX』 にて「日本パッケージングコンテスト2019」 「日用品・雑貨包装部門賞」を受賞.pdf

■受賞作品の展示について
本年10月10日(木)~11日(金)の期間、KITTE(東京・丸の内)にて開催される展示会
「暮らしの包装商品展2019」特別ブース『2019グッドパッケージング展』の作品として、
受賞商品が展示される予定です。